Pizza Port - ピッツァポート -

1987年3月、ジーナとヴィンスのマルサリア姉弟は、サンディエゴシティの少し北にある町「ソラナビーチ」で経営難に苦しむピザ屋を買い取った。そして、サンディエゴ流のツイストを効かせたピザとチキンウイングというクラシックメニューを引っ提げて、有名なパシフィックコーストハイウェイ沿いのファンキーな店先からPizza Portの歴史は始まった。

ヴィンスは早い時期からレストラン倉庫内の空きスペースを利用して趣味でホームブリューを始めていたが、彼らの友人やファンの勧めもあり、ヴィンスとジーナはブリューパブビジネスに踏み込むことを決意した。

フレイヴァー重視の方針によって、Pizza Portはたサンディエゴのクラフトビアシーンにおいてすぐに名声を確立。2003年とその翌年に、ソラナビーチがグレートアメリカン・ビアフェスティバルで”Small Brewpub of the Year”に輝いた。2009年のグレートアメリカン・ビアフェスティバルではPizza Port各店は驚異のメダル9個を獲得、カールスバッドは”Large Brewpub of the Year”に輝いた。

過去26年間のうちにPizza Portは様々な成長や変化を経てきたが、彼らの情熱を駆り立てるもの、そして彼らのマントラはまだ本物らしい響きをもって聞こえる

「おいしい食物とおいしいビールがあれば元気になる!」

SEARCH
- 検索 -