JK'S Farmhouse Ciders - ジェイケーズ ファームハウス サイダーズ -

創業:2004年

創立者:Jim Koan

拠点:ミシガン州フラッシング(Flushing)

 ミシガン州の中心地Flushingに1850年代から続く大きな果樹園がある。元々 “Alberts”と “Marys”という2つの果樹園があった土地だが、両家での結婚を機に一つの果樹園 “Almar” となった。2004年、Almar果樹園の創立者のひ孫であるJim Koan (ジム・コーアン)がJK’S Farmhouse Cidersを創立。現在このAlmar果樹園で育てられるオーガニックフルーツを使ったサイダーが、JK’S Farmhouse Cidersとして製造され、Jimの息子Zach (ザック)が製造責任者、そして娘のMonique (モニーク)がジェネラルマネージャーとして働くなど、家族経営で運営されている。

 Almar果樹園ではその長い歴史の中でも様々なプロセスをほとんど変えることなく現在まで引き継いでいることをKoanファミリーは大きな誇りとしている。

1920年代の禁酒令、大恐慌時代をも乗り越えて来たJK’S Farmhouse Ciderを特別な存在として格付けているのは、彼らの “真のオーガニック” へのこだわりである。彼らは殺虫剤などの薬剤を一切使用せず、創立当初からの伝統的な方法で果物や野菜を守り続けている。その伝統的な方法とは、ホロホロ鳥の群れを果樹園に放ち、それらに果物や野菜の成長の妨げとなる虫を食べてもらうのである。さらに、木から落ちたリンゴは害虫の原因となるため、バークシャー豚 (黒豚) を果樹園の中で自由に歩き回らせ、木から落ちたリンゴを食べさせている。このようにして、完全オーガニックで育てられたリンゴを収穫し、果樹園と同じ敷地内にある施設でリンゴの果汁を絞り出す。そしてその果汁をゆっくりと、最長6ヶ月かけて発酵させ、手作業で各ボトルにラベルを付けて数週間熟成させる。JK’S Farmhouse Ciderの最初のサイダーであり看板商品 “JK’S Scrumpy” には、「果汁」と「酵母」のたったの2つの材料しか使われていない。そしてその酵母もリンゴの皮についている野生酵母で、人工的なものは一切使用していないサイダー。そのため、ボトルによって味に多少の違いが生じることもあるが、木になるリンゴがどれ一つとして全く同じでないように、サイダーの味に違いがでることも当たり前の事である、とKoanファミリーは考える。

 栽培、収穫、搾汁、発酵、熟成、ボトル詰め、全ての工程を同じ敷地内で行い、究極の “真のオーガニック” にこだわる。

SEARCH
- 検索 -