ブリュワリー紹介『Almanac / アルマナック』

Almanac Beer Company / アルマナックビールカンパニー

創業:2010年

拠点:カリフォルニア州 サンフランシスコ

Jesse FriedmanとDamian Faganによって2011年、当時サンフランシスコのレストラン界隈で流行の兆しを見せ始めていた「farm-to-table」という新しい考え方をクラフトビールに取り入れる事を目指し設立される。


もともとは自家醸造家だった二人。長年にわたりそれぞれの自宅アパートで市場には出回っていないようなユニークで時には奇抜な味わいを持つビールを醸造し、クラフトに対する情熱と技術を高めてきた。


ファーマーズマーケットで手に入れてきた原料を使い醸造を始めた時から、既に将来が見えていた。彼らはその飽くなき冒険心や熱い情熱の追求、地域社会との共存を目指しより大きな規模の醸造を始める事にした。

そもそも”Almanac”とは、1818年からアメリカで毎年発行されている農家のための季節の目安となるガイド『Farmer's Almanac』に由来している。Almanacの農業への情熱と敬意は、彼らのモットーである「Farm to Barrel(農場から樽へ)」にも表れている。


Almanacの醸造する全てのビールは地元の農家達とのコラボレーションにより造られている。北カリフォルニアにある様々な農場と毎年の収穫期にパートナーシップを組み(組む相手は毎年異なっている)、醸造に使用するフルーツの供給を受けている。


彼らのビールの造り方はこうだ。まずは浮かんできたアイデアを共同でまとめ挙げ、アイデアが一旦固まると次はパートナーシップを組む農家を選定する作業に入る。選定作業においては注意深く、そして家族経営の小さな農家を選ぶ。そう、ブリュワリーのように小規模な。そうしてビール造りは始まる。

全てのビールが昔ながらの造り方はもちろんのこと、それだけに限らない様々な造り方で伝統的なスタイルのビール造りを少量生産で行っている。


2013年にはブリュワリーの代名詞とも言える「Farm to Barrel」シリーズが登場。


彼らのバレルエイジビールはオーク樽で熟成させている。樽の中に詰められたビールの味わいはこの二次発酵の過程において進化し続け、樽の持つトーストバニラやオークの風味を纏い、地元農家のフルーツと混ざり合い、奥深く美しい味わいへと昇華してゆく。

かつては、自らの醸造所を持たない、いわゆる”ジプシーブリューイング(委託醸造)”のスタイルをとっていたが、現在はオークランドに隣接するアラメダ島に生産と熟成のための拠点施設を構えている。

広さ30,000平方フィート、1942年に建設された元飛行機格納庫を利用しており、37フィートの天井、オリジナルのレッドウッドの梁、何百ものオーク製の樽やフードルを誇る。

そのユニークな価値観によって今、アメリカで最も注目を集めているブリュワリーの一つである。

Japanese

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0(税込)
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods