Revision / リヴィジョン特集

Revision / リヴィジョン特集

サンフランシスコから北東に車で3時間半ほど、カリフォルニアとの州境に近い町、スパークスから始まる物語。
創業直後から次々と話題を集める商品を誕生させ、権威ある名だたる数々の賞を獲得する大注目のブリュワリー。
創業者Jeremyは、Knee Deep Brewing Co. の創業者でもあり、そこで個性豊かな商品を誕生させたブリューマスターでもあった。
2015年、ビール造りに自由とクリエイティブさを求めたJeremyはKnee Deep Brewingのシェアをビジネスパートナーに売り、同ブリュワリー最初の従業員Jeb Taylor(ジェブ・テイラー) と共に、2017年にRevision Brewingを創業した。

Revision / リヴィジョン ブリュワリー

Knee Deep Brewing初期から “The Pliny Killer”(注1) と呼ばれ、クラフトビールファンの間で話題になっていたJeremyは、Revision Brewingを始めてさらに次々と素晴らしいビールを誕生させている。

2018年、創業からわずか1年で、World Beer Cupにて最多エントリーで最難関と言われるAmerican India Pale Ale部門にて看板商品Revision IPAが金賞受賞、さらには同時に同じく難関の一つImperial India Pale Ale部門にて同じく看板商品Revision DIPAが銀賞受賞。 最難関と言えるカテゴリーでの偉業を創業1年目で成し遂げ、話題をさらった(注2)。

Revision IPA

また、2016年に誕生し、現在、一大ブームを巻き起こしているHazy / NE Style (Revision BrewingはNortheast-Styleと呼んでいる)に特化した “Hazy Release” シリーズは、アメリカのブリュワリーとしてトップクラスの人気を誇り、その独創性と技術から繰り出される40種類以上ものビールがNE-Styleの金字塔として次々とリリースされている。

創業から毎年20近くの賞を受賞し続けるという偉業が日常、という 常識が桁外れのブリュワリーである。

注1)当時様々なビアコンペティションなどで賞を総なめしていたRussian River BrewingのDouble India Pale Ale、Pliny the Elderを押しのけて、Bistro 12th Annual Double IPA Festivalにて1位を獲得したことに由来する。
Jeremyのホップキャラクター溢れるビールは、このPliny the Elderをインスピレーションとしているため、Jeremyにとってはこのニックネームにとても喜んでいるという。

注2)World Beer Cup史上、同年にAmerican India Pale Ale部門とImperial India Pale Ale部門の両方同時受賞を遂げたブリュワリーはRevision Brewing以外にはわずか4社のみ(Russian River、Pizza Port、Noble Ale Works、Big Rock Chop House)。

Yokohama Bay Brewingの代表、鈴木真也さんと手嶋弘樹さんが渡米

ホップキャラクターにあふれるジューシーなHazy Releaseシリーズで日本でも大人気のRevision。
世界中のクラフトビールが集結する横浜の一大ビールイベント、Japan Brewers Cup(JBC)に今年はRevisionが参戦することが決定しました!

JBC2020についての詳細はこちら

そして、今回のJBC2020の注目は、世界が注目する新進気鋭ブリュワリーRevisionとJBCの主催者であり、地元横浜とクラフトビール愛が溢れるYokohama Bay Brewingのコラボレーションビールが出品されます!
商品名は「Contract Burn(コントラクトバーン)」!
Yokohama Bay Brewingの代表、鈴木真也さんと手嶋弘樹さんが渡米、ネバダ州スパークスにあるRevisionのブリュワリーにて造られたこのコラボレーションビールはもちろんHazy、しかもNE-STYLE HAZY 2x IPA です!!
JBCの会場にて是非お楽しみください!
もちろん、アンテナアメリカでもお楽しみ頂けます。

SEARCH
- 検索 -