Lone Pine Brewing Company特集

ホップが効いたアメリカンスタイル、メイン州ポートランド、Lone Pine Brewing Company
Lone Pine Brewing Companyのイメージ

Lone Pineはトーマス・マッデンとジョン・ポールが2015年に創業しました。

醸造所のあるメイン州ポートランドは、東海岸ニューイングランド地方ではマサチューセッツ州ボストンに次ぐ港町です。 ロブスターをはじめとしたシーフードが有名な、漁業や港湾を中心とした商業経済の中心地として栄える大きな都市です。
住民の郷土愛が強く、Lone Pine が2016年に販売を開始した、ポートランドという都市名を冠したPortland Pale Aleは現在も看板商品として不動の人気です。

初期の醸造システムはわずか5バレル(600ℓ弱)でしたが、地元で有名なセバゴブリューイングの設備を引き継ぎ、今日に至るまで驚異的なスピードで成長を続けています。

Lone Pine Brewing Companyのイメージ

Lone Pineは可能な限り地元原産の素材や副原料を使用し、何よりも製品の品質を重要視しています。また、醸造チームにも地元選りすぐりのブリュワーを集めています。

Lone Pineのコア商品は基本的にすべてホップが効いたアメリカンスタイルで、何杯でも飲めてしまいます。

Portland Pale Aleは一番初めに造ったビールで、創業以来7か月間、ひたすらこの銘柄のみを醸造していました。
その後Brightside IPAが二番目の定番商品として産声を上げました。
Oh-Jはホップを大量に使ったDouble IPAで、その柑橘系のジューシーなフレーバーに溢れた味わいは全国のファンを魅了しています。
Tessellation Double IPAはモザイクホップのみを使用し、色味がクリアですっきりとしたDouble IPAです。

  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
Lone Pine Brewing Companyのイメージ

米国では10州ほどでしか売られていませんが、2019年の米国ブルワーズアソシエーションによる調査では、小規模独立型ブルワリーの中で、Lone Pineの前年の醸造量の増加率は全米5位でした。

活況をみせるメイン州ポートランドのクラフトビールシーンで、柔軟性を保ちながらもマーケットにしっかり適応し成長を続ける注目のブリュワリーです。

  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ
  • Lone Pine Brewing Companyのイメージ

SPECIAL
CONTENTS

特集・キャンペーン

VIEW MORE

SEARCH
- 検索 -