Dry Dock Brewing特集

ワールドビアカップ受賞歴8回、DryDcok
Speakeasyのイメージ

大型の船が造船所のドックにもどった時、創造が再び始まり、愛を込めた労働が始まる・・・。
Dry Dock Brewing Companyはホームブリュワーだった創業者の自宅で始まり、『船出』していくクラフトビールをパッションを込めて醸造しています。

Speakeasyのイメージ

自家醸造をしていたケビン・デランジとミシェル・レディングは、900平方フィートのマイクロブリュワリーとして2005年にDry Dock Brewing Companyをスタートさせました。
創業後6か月で、アンバーエールが2006年ワールドビールカップ金賞を獲得するなど、順調な船出となりました。

イメージ画像
Speakeasyのイメージ
Speakeasyのイメージ
Speakeasyのイメージ
Speakeasyのイメージ

2013年には生産量が3,200バレルから12,000バレルに増え、ノースドックとよばれる30,000平方フィートの醸造施設を新たに購入。その結果、年間生産量は20,000バレルを超え、コロラド州全体に販売を拡大しました。 2014年にノースドック内にオープンさせたテイスティングルームThe Canoe Roomには、12タップあるタップルームの他18ホールのディスクゴルフコースが併設され、地域住民の集いの場所となっています。

Speakeasyのイメージ

オリジナルの醸造所サウスドックには、イベント用のBarrel Roomや、自家製のビールやチーズ、ワインの作り方を教える教室を開設し、こちらでも地元に密着した活動を行っています。
ケビンとミシェルがこの船旅を始めて以来、Dry Dockは、地元や海外のビアカップで数多く実績を残してきました。
現在までに、GABFでは25個のメダルを獲得しており、ワールドビアカップでは8回の受賞歴があります。

店内イメージ

SPECIAL
CONTENTS

特集・キャンペーン

VIEW MORE

SEARCH
- 検索 -