Iron Horse - アイアンホース -

・創業:2004年
・創立者:Jim Quilter
・拠点:ワシントン州・Ellensburg (エレンズバーグ)

ワシントン州エレンズバーグにて2004年創業。Iron Horse Breweryの本格的な物語は創立から3年後の2007年、Gary Parkerとその息子Greg の親子の努力によってブリュワリーが軌道に乗り始めたところから始まる。当時まだ幼い子供が1人、そしてこれから生まれてくる子供が1人いたGregは自分の妻を説得し、自身の父であるGaryと共に、2つの州をまたいだところにある倒産寸前のブリュワリーを買い取る事を決意しワシントン州に移り住む。そしてその3ヶ月後、Gregの高校時代の良き友であったRossがチームに加わったものの、醸造の道はそれほど簡単ではなかった。何度も壁に阻まれつつ、挑戦しては失敗を繰り返し、その解決策を探し続ける中でも一筋の光をもたらすビールに感謝する日々。そうした生活の中で、Iron Horseの考える方向性が決まった。評論家を満足させるためではなく、人々のためを想ってビールを造る。彼らが大切に思っていることは、 “イノベーション”、 “リスクを負うこと”、そして “信憑性” の3つ。この信念のもと生まれたビールが、ブリュワリーの看板商品となっているダークビール、Irish Death。Irish Deathは誕生してすぐ、ワシントン州で最も成長速度の速いインディペンデントクラフトビールとなった。現在は、Irish Deathを筆頭に20種類のビールを醸造。2007年に1,000バレルだった醸造量は、2018年には25,000バレルにまで成長した。

SEARCH
- 検索 -