特集・ブログ

【ブリュワリー紹介】Green Cheek

Green Cheek Beer Co / グリーンチーク ビール 数々の受賞を勝ち取る天才ブリュワーが手掛けるカリフォルニア州で最も注目されるブリュワリー World Beer Cup 4部門受賞の快挙!経験豊富な偉才が手掛ける「Green Cheek Beer Co」 2023年に開催されたビールのオリンピックと呼ばれる国際的なコンペ「World Beer Cup」にて4部門受賞の快挙を果たし、話題を集めた注目のブリュワリー。 アメリカのビアギークが憧れる「Noble Ale Works」の元ヘッドブリュワーとして、数々の受賞歴を誇るクラフトビールを世に送り出した偉才が手掛ける情熱的で洗練された味わいが魅力。 今、カリフォルニア州で最も注目を集めるブリュワリーの1つが、ついに日本上陸! ファンに寄り添い愛される情熱的で洗練された味わい Green Cheek Beer Coは、アメリカのビアギーク憧れのブリュワリー「Noble Ale Works」の元ヘッドブリュワー、エヴァン・プライスと、同社の元CEOだったブライアン・ラウソが共同で立ち上げたブリュワリーです。 年間を通じて、様々なスタイルのクラフトビールを醸造するGreen...

【ブリュワリー紹介】Green Cheek

Green Cheek Beer Co / グリーンチーク ビール 数々の受賞を勝ち取る天才ブリュワーが手掛けるカリフォルニア州で最も注目されるブリュワリー World Beer Cup 4部門受賞の快挙!経験豊富な偉才が手掛ける「Green Cheek Beer Co」 2023年に開催されたビールのオリンピックと呼ばれる国際的なコンペ「World Beer Cup」にて4部門受賞の快挙を果たし、話題を集めた注目のブリュワリー。 アメリカのビアギークが憧れる「Noble Ale Works」の元ヘッドブリュワーとして、数々の受賞歴を誇るクラフトビールを世に送り出した偉才が手掛ける情熱的で洗練された味わいが魅力。 今、カリフォルニア州で最も注目を集めるブリュワリーの1つが、ついに日本上陸! ファンに寄り添い愛される情熱的で洗練された味わい Green Cheek Beer Coは、アメリカのビアギーク憧れのブリュワリー「Noble Ale Works」の元ヘッドブリュワー、エヴァン・プライスと、同社の元CEOだったブライアン・ラウソが共同で立ち上げたブリュワリーです。 年間を通じて、様々なスタイルのクラフトビールを醸造するGreen...

ブリュワリー紹介『Los Angeles Ale Works / ロサンゼルス エールワークス』

Los Angeles Ale Works / ロサンゼルス エールワークス 創業:2017年 場所:カリフォルニア州ロサンゼルス 創業者:アンドリュー・ファウラー Los Angeles Ale Works (以下、LA Ale Works)はその名の通り、ロサンゼルスの中心エリアに位置するブリュワリーで、2017年にアンドリュー・ファウラーが創業しました。 もともと小さなガレージに収まるほどの大きさの設備で始めたこのブリュワリーは地元のビール好き達に支えられ着実に成長。 現在は年間およそ6万Lの醸造キャパシティーがあり、2022年には市内に3拠点目をオープンする予定です。 醸造チームのメンバーはStone、GooseIsland、Bell’s Breweryなどで醸造経験があり、その腕前と技術は確かです。 LA Ale Worksの醸造所は、ロサンゼルス国際空港やNFLロサンゼルス・チャージャーズの本拠地として知られるSoFiスタジアムが近いホーソーンにあり、ここには醸造設備に加え、ライブミュージックやスポーツ観戦などが楽しめるタップルーム兼ビアガーデンがあります。 また、このホーソーンエリアは野良猫が多く、ブリュワリーに住み着いたハチワレ猫のスクラッピーがブリュワリーの守り神として可愛がられ、ビールのラベルにもたびたび現れます。 9/22(木) 発売予定 商品一覧

ブリュワリー紹介『Los Angeles Ale Works / ロサンゼルス エールワークス』

Los Angeles Ale Works / ロサンゼルス エールワークス 創業:2017年 場所:カリフォルニア州ロサンゼルス 創業者:アンドリュー・ファウラー Los Angeles Ale Works (以下、LA Ale Works)はその名の通り、ロサンゼルスの中心エリアに位置するブリュワリーで、2017年にアンドリュー・ファウラーが創業しました。 もともと小さなガレージに収まるほどの大きさの設備で始めたこのブリュワリーは地元のビール好き達に支えられ着実に成長。 現在は年間およそ6万Lの醸造キャパシティーがあり、2022年には市内に3拠点目をオープンする予定です。 醸造チームのメンバーはStone、GooseIsland、Bell’s Breweryなどで醸造経験があり、その腕前と技術は確かです。 LA Ale Worksの醸造所は、ロサンゼルス国際空港やNFLロサンゼルス・チャージャーズの本拠地として知られるSoFiスタジアムが近いホーソーンにあり、ここには醸造設備に加え、ライブミュージックやスポーツ観戦などが楽しめるタップルーム兼ビアガーデンがあります。 また、このホーソーンエリアは野良猫が多く、ブリュワリーに住み着いたハチワレ猫のスクラッピーがブリュワリーの守り神として可愛がられ、ビールのラベルにもたびたび現れます。 9/22(木) 発売予定 商品一覧

ブリュワリー紹介『Common Space / コモンスペース』

Common Space Brewery / コモンスペース ブリュワリー 創業:2018年 場所:カリフォルニア州ロサンゼルス 創業者:ブレント・ナップ、ライアン・フィリピーニ Common Spaceは2018年にロサンゼルスのホーソーンでブレント・ナップとライアン・フィリピーニが共同創業。 ブリュワリー名は「人々が集まれる共通(Common)の居場所(Space)」という意味で、彼らが醸造するビールを通じて人々が集まれるコミュニティや居場所を提供したいという想いが込められています。 ドジャーススタジアムが近いこの地区では野球ファンも多く、試合の日には選手のユニフォームを着たファンらが集まり、直営タップルームのテレビで観戦しながら出来立てのクラフトビールに舌鼓を打っています。 9/22(木)発売予定 商品一覧

ブリュワリー紹介『Common Space / コモンスペース』

Common Space Brewery / コモンスペース ブリュワリー 創業:2018年 場所:カリフォルニア州ロサンゼルス 創業者:ブレント・ナップ、ライアン・フィリピーニ Common Spaceは2018年にロサンゼルスのホーソーンでブレント・ナップとライアン・フィリピーニが共同創業。 ブリュワリー名は「人々が集まれる共通(Common)の居場所(Space)」という意味で、彼らが醸造するビールを通じて人々が集まれるコミュニティや居場所を提供したいという想いが込められています。 ドジャーススタジアムが近いこの地区では野球ファンも多く、試合の日には選手のユニフォームを着たファンらが集まり、直営タップルームのテレビで観戦しながら出来立てのクラフトビールに舌鼓を打っています。 9/22(木)発売予定 商品一覧

ブリュワリー紹介『New Motion / ニューモーション』

New Motion Beverages / ニューモーション ベバレッジ 創業:2020年 創業者:カイル、アンディー、メイガン、アリー (共同創業者) 拠点:カリフォルニア州 サンディエゴ カイル、アンディー、メイガン、アリーはクラフトビールの聖地とも呼ばれるサンディエゴでビールの世界にどっぷりとはまり、仲間とともにホームブリューイングに勤しんでいました。 また、クラフトビールがあまり好きではない方でも等しく楽しめる空間を作ることを目標に、ハードコンブチャの醸造も行っていました。 その後サンディエゴのブリュワリーで10年以上の醸造経験を持つコディーが仲間に加わることで彼らの計画は一気に現実味を帯びてゆき、2020年についにEmbolden Beer CompanyとNew Motion Beveragesを立ち上げます。 Embolden Beerではクラフトビールを、New Motion BeveragesではHard Sparkling Teaを醸造し、別ブランドに分けて展開しています。 今回入荷するのは「New Motion」のHard Sparkling Tea。 アメリカの西海岸を中心に徐々に注目を集め始めている新しいスタイルのアルコールドリンクで、お茶をベースにしたカクテルのような味わいの飲み物です。 一般的にアメリカではお茶に砂糖をたっぷりと加えた甘いものが多いのですが、このNew...

ブリュワリー紹介『New Motion / ニューモーション』

New Motion Beverages / ニューモーション ベバレッジ 創業:2020年 創業者:カイル、アンディー、メイガン、アリー (共同創業者) 拠点:カリフォルニア州 サンディエゴ カイル、アンディー、メイガン、アリーはクラフトビールの聖地とも呼ばれるサンディエゴでビールの世界にどっぷりとはまり、仲間とともにホームブリューイングに勤しんでいました。 また、クラフトビールがあまり好きではない方でも等しく楽しめる空間を作ることを目標に、ハードコンブチャの醸造も行っていました。 その後サンディエゴのブリュワリーで10年以上の醸造経験を持つコディーが仲間に加わることで彼らの計画は一気に現実味を帯びてゆき、2020年についにEmbolden Beer CompanyとNew Motion Beveragesを立ち上げます。 Embolden Beerではクラフトビールを、New Motion BeveragesではHard Sparkling Teaを醸造し、別ブランドに分けて展開しています。 今回入荷するのは「New Motion」のHard Sparkling Tea。 アメリカの西海岸を中心に徐々に注目を集め始めている新しいスタイルのアルコールドリンクで、お茶をベースにしたカクテルのような味わいの飲み物です。 一般的にアメリカではお茶に砂糖をたっぷりと加えた甘いものが多いのですが、このNew...

ブリュワリー紹介『Boneyard / ボーンヤード』

Boneyard / ボーンヤード 創業:2010年 創業者:トニー・ローレンス 拠点:オレゴン州 ベンド 創業者のトニー・ローレンスはビールの醸造に関わる仕事を長年続けており、いつか自らでブリュワリーを立ち上げる時のために13ヵ所ものブリュワリーから譲り受けた古い醸造設備や機械を大切に保管していました。 大量の中古設備が所狭しと保管されている様子は、まるで醸造設備のBoneyard(墓場)かのようでした。 その後2010年にトニーは念願の独立を果たし、オレゴン州のベンド市で自らのブリュワリー、Boneyard Brewingを創業しました。 共同創業者であるクレイやメロディー・ストーリーとともにジャンク設備を繋ぎ合わせ、初めてのビールを2010年の5月に醸造。 ブリュワリーが着実に成長するにつれ醸造タンクなどは新品の大型のものに入れ替えていきましたが、限定商品やイベント用のビールの醸造には今でも立ち上げ当時に使用していた20バレルシステムを使い続けています。 2014年にはさらにブリュワリー規模を拡大し、ベンド市の北東に1400平米の土地を借りて複数の仕込み設備や事務所などを設置。今では年間38,000バレル(およそ450万L)もの規模へと成長し、舌の肥えたオレゴンのクラフトビールファンを魅了し続けています。 2018年には敷地内にパブを併設造り立てのビールをその場で味わうことが可能になりました。 その後カンニングライン(缶に詰める設備)を導入し、現在ではオレゴン州内の広い範囲でBoneyardの12oz缶が流通するようになりました。 著しい成長を続けるBoneyardですが、その理念は創業当初と変わらず、①綺麗な味わいの、②バランスの取れた、③高品質なビールを造ることです。

ブリュワリー紹介『Boneyard / ボーンヤード』

Boneyard / ボーンヤード 創業:2010年 創業者:トニー・ローレンス 拠点:オレゴン州 ベンド 創業者のトニー・ローレンスはビールの醸造に関わる仕事を長年続けており、いつか自らでブリュワリーを立ち上げる時のために13ヵ所ものブリュワリーから譲り受けた古い醸造設備や機械を大切に保管していました。 大量の中古設備が所狭しと保管されている様子は、まるで醸造設備のBoneyard(墓場)かのようでした。 その後2010年にトニーは念願の独立を果たし、オレゴン州のベンド市で自らのブリュワリー、Boneyard Brewingを創業しました。 共同創業者であるクレイやメロディー・ストーリーとともにジャンク設備を繋ぎ合わせ、初めてのビールを2010年の5月に醸造。 ブリュワリーが着実に成長するにつれ醸造タンクなどは新品の大型のものに入れ替えていきましたが、限定商品やイベント用のビールの醸造には今でも立ち上げ当時に使用していた20バレルシステムを使い続けています。 2014年にはさらにブリュワリー規模を拡大し、ベンド市の北東に1400平米の土地を借りて複数の仕込み設備や事務所などを設置。今では年間38,000バレル(およそ450万L)もの規模へと成長し、舌の肥えたオレゴンのクラフトビールファンを魅了し続けています。 2018年には敷地内にパブを併設造り立てのビールをその場で味わうことが可能になりました。 その後カンニングライン(缶に詰める設備)を導入し、現在ではオレゴン州内の広い範囲でBoneyardの12oz缶が流通するようになりました。 著しい成長を続けるBoneyardですが、その理念は創業当初と変わらず、①綺麗な味わいの、②バランスの取れた、③高品質なビールを造ることです。

ブリュワリー紹介『Local Craft Beer / ローカルクラフトビール』

Local Craft Beer / ローカルクラフトビール 創業:2015年 創業者:ケイティー・サウスワース、タイソン・サウスワース 拠点:カリフォルニア州 テハチャピ カリフォルニア州ロサンゼルスから車で2時間程度。 標高1,200mの山の上に位置するテハチャピは人口1万2000人ほどの小さな街です。 もともとイギリス出身でパブ文化の中で生まれ育ったKatie Southworthは夫のTysonとともにこの地で2015年にLocal Craft Beerをオープンしました。 Local Craft Beerが得意としているビールは最高級の原材料を惜しみなく使った高品質なハイアルコールのHazy IPA。 使用するホップの量も通常の倍以上で無濾過なため、グラスに注いだ際にはホップや酵母が缶底に沈殿します。 また、完成したビールを缶へ詰める際に特殊なカウンタープレッシャーカンニングマシンを使用しており、缶の中の酸素残存量を極限まで減らすことで缶詰め後の劣化を防いでいます。 クラフトブリュワリーが多いカリフォルニア州内でもこの最先端のマシンを使用しているブリュワリーはほんの一部とのことです。 最近はフルーツをどっさりと入れたSlurshyシリーズが人気を博しており、その時手に入る新鮮なフルーツを使いこちらもラインナップに加えています。 Local Craft Beerは基本的に定番の商品を作らず、常に新しいレシピや商品を開発しているため、年間140以上もの異なるビールを醸造。 その濃厚で刺激的な味わいのビールは高価格ではありつつも病みつきになる人が続出し、今では国内の複数の州のみならずカナダ、ベルギー、中国にも輸出するようになりました。 一方まだまだスタッフも少なく超少人数で醸造しているため、創業者の二人も醸造、パッケージング、検品、営業とフル回転しているそうです。 カリフォルニア州の知る人ぞ知る超マニアックで超高品質なLocal Craft...

ブリュワリー紹介『Local Craft Beer / ローカルクラフトビール』

Local Craft Beer / ローカルクラフトビール 創業:2015年 創業者:ケイティー・サウスワース、タイソン・サウスワース 拠点:カリフォルニア州 テハチャピ カリフォルニア州ロサンゼルスから車で2時間程度。 標高1,200mの山の上に位置するテハチャピは人口1万2000人ほどの小さな街です。 もともとイギリス出身でパブ文化の中で生まれ育ったKatie Southworthは夫のTysonとともにこの地で2015年にLocal Craft Beerをオープンしました。 Local Craft Beerが得意としているビールは最高級の原材料を惜しみなく使った高品質なハイアルコールのHazy IPA。 使用するホップの量も通常の倍以上で無濾過なため、グラスに注いだ際にはホップや酵母が缶底に沈殿します。 また、完成したビールを缶へ詰める際に特殊なカウンタープレッシャーカンニングマシンを使用しており、缶の中の酸素残存量を極限まで減らすことで缶詰め後の劣化を防いでいます。 クラフトブリュワリーが多いカリフォルニア州内でもこの最先端のマシンを使用しているブリュワリーはほんの一部とのことです。 最近はフルーツをどっさりと入れたSlurshyシリーズが人気を博しており、その時手に入る新鮮なフルーツを使いこちらもラインナップに加えています。 Local Craft Beerは基本的に定番の商品を作らず、常に新しいレシピや商品を開発しているため、年間140以上もの異なるビールを醸造。 その濃厚で刺激的な味わいのビールは高価格ではありつつも病みつきになる人が続出し、今では国内の複数の州のみならずカナダ、ベルギー、中国にも輸出するようになりました。 一方まだまだスタッフも少なく超少人数で醸造しているため、創業者の二人も醸造、パッケージング、検品、営業とフル回転しているそうです。 カリフォルニア州の知る人ぞ知る超マニアックで超高品質なLocal Craft...